MENU

血液をサラサラにするために

DHAやEPAの摂取により、血液がサラサラになることがわかっているのですが、その他にも血液をサラサラにする方法はいくつかあります。

 

栄養素でいうと、DHAやEPAの他には、納豆菌に、血栓を防ぐ働きがあることがわかっていますし、クエン酸にも、疲労回復だけではなく、血小板が集まってしまい、血栓ができてしまうことを防ぐ効果があります。納豆菌は納豆にふくまれていますし、クエン酸は梅干しやお酢などに含まれています。

 

その他には、抗酸化作用がある、ポリフェノールも血液をサラサラにするためには効果的です。ポリフェノールは、活性酸素を除去する働きがありますから、血管の流れをスムーズにすることができるとされています。ブドウやワインに多く含まれていることで、有名です。

 

アルギン酸には、脂肪分を外へ排出する力があるとされていますから、血液がドロドロになるのを防ぐ力があります。ぬめりがある物に多く含まれており、昆布に豊富に含まれています。

 

適度な運動も、血液をサラサラにするためには非常に重要です。脂肪を燃焼させることによって、血中に含まれた脂肪分を溜めこまないようにすることも大切なことです。有酸素運動がお勧めですのでウォーキングなどを取り入れてみましょう。

 

DHAやEPAだけを摂取し、血液サラサラを目指すのも良いのですが、その他にも、血液をサラサラにする効果がある食べ物はたくさんありますし、適度な運動も大切ですから、バランスの摂れた食事と、軽い運動を毎日心掛けることが健康につながるのです。

 

DHA EPA サプリ 比較

血液サラサラに重要な必須脂肪酸とは

必須脂肪酸とは、体に必要であるとされている脂肪分です。脂肪と聞くと、体に蓄積されてしまうと考える人も多いのですが、必須脂肪酸の中のオメガ3は体に蓄積されることがなく、良い効果を及ぼすことができる栄養素が含まれています。

 

必須脂肪酸は、オメガ3と、オメガ6に分類することができるのですが、DHAやEPAは、オメガ3に分類することができます。オメガ3であるDHAやEPAは、冷たい水の中でも固まることがありません。一般的に肉の脂などは、冷えると白く固まるのですが、魚の脂は白く固まらないのです。魚は水の中で生活していますから、水の中に入って体が固まってしまっては、泳げなくなってしまいます。

 

必須脂肪酸であるオメガ3は、自分の体では作ることが出来ない栄養素となっていますから、外部から摂取しなければいけません。オメガ3であるDHAやEPAは、体に有効な成分となりますから、1日の必要摂取量を摂取できるように心掛けましょう。オメガ3が不足してしまうと、体のバランスが崩れてしまう人もいますし、生活習慣病に拍車をかけてしまう事が予想されますから、できるだけ不足しないように、サプリメントなどを上手に活用しましょう。

 

オメガ6は、アレルギー反応をおこしてしまったり、炎症を悪化させてしまう事があるとされています。オメガ3の摂取により、オメガ6を抑えることが可能となりますから、オメガ3の摂取を心掛けましょう。オメガ3はDHAやEPAの他に、クルミや海藻などにも含まれていますから、進んで摂取しましょう。

更新履歴